具体的なデータ定義の例

観測値、データセットについて、データ定義イメージをご紹介します。

観測値

観測値については、セルIDに対して、観測値、次元等を定義しています。
また、観測値の内容を補足するような属性等も定義しています。

 

なお、小地域データ、メッシュデータは、結果数値が著しく小さい地域について、秘匿処理を行い、近隣の地区に合算して表章しています。
そこで、観測値について、秘匿・合算に関する情報も定義しています。

 

データセット

統計LODでは各データセットに対して、統計表の内容などの情報を定義しています。

*

 

また、データセット構造についても併せて定義し、各データセットで使われている次元や測度を定義しています。

*

 

なお、同一の次元でも、データセットによって取り得る次元の値が異なるため、データセット構造の定義の中で、そのデータセットで取り得る次元の値も定義しています。

*

 

データセットに付与する情報

統計表の内容等を表す情報には、「政府統計」「提供統計」などがあり、それぞれの階層構造を含めて定義しています。

*

 

また、「更新頻度」などの内容も定義しています。

*

 

さらに、各データセットには、e-Statで定義されている(統計分野)もテーマとして定義しています。
テーマ(統計分野)は2階層の構造となっており、その内容も定義しています。

*

 

測度

観測値を表す内容(人数、世帯数、金額、など)を、統計LOD独自の測度として定義しています。
測度のデータ構造は、以下の図の通りです。
なお、社会人口統計体系については、標準の測度(http://purl.org/linked-data/sdmx/2009/measure#obsValue)を使用しています。

*

 

次元

観測値を同定する内容(男女別、年齢、など)を、統計LOD独自の次元として定義しています。

*

 

属性

統計LODでは、属性として、「単位」「単位乗数」「観測値のタイプ」「観測値の状態」を定義しています。
定義した内容は観測値に付与しています。
例として、「単位」の定義イメージを下図に示します。

*

 

外部語彙とのリンク

統計LODで定義した語彙に対して、標準的な語彙や他機関の語彙とのリンクを定義しています。

*

 

社会人口統計体系のデータ構造

社会人口統計体系については、他の統計表と異なり、標準の共通的な測度(http://purl.org/linked-data/sdmx/2009/measure#obsValue)を使用しています。
観測値を表す内容(人数、世帯数、金額など)は、測度で表す代わりに、観測値を同定する内容(男女別、年齢、など)と併せて、「社会人口統計体系の指標」という次元を使って表しています。

*

 

観測値を表す内容(人数、世帯数、金額など)を次元の値として表していることから、社会人口統計体系では、次元「社会人口統計体系の指標」の次元の値に対して、該当する単位を付与しています。

*

 

社会人口統計体系は、地域別統計データを収集・加工し、体系的に編成したものです。
そこで、統計LODでは、次元「社会人口統計体系の指標」の各次元の値について、観測値の元となっている統計データを定義しています。

*

 

Prefix

prefix URI
rdfs http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
rdf http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
dcat http://www.w3.org/ns/dcat#
skos http://www.w3.org/2004/02/skos/core#
qb http://purl.org/linked-data/cube#
sdmx-dimension http://purl.org/linked-data/sdmx/2009/dimension#
sdmx-code http://purl.org/linked-data/sdmx/2009/code#
dcterms http://purl.org/dc/terms/
cen http://datiopen.istat.it/odi/ontologia/censimento/
lod http://data.e-stat.go.jp/lod/
statistics http://data.e-stat.go.jp/lod/statistics/
govstat http://data.e-stat.go.jp/lod/statistics/governmentStatistics/
category http://data.e-stat.go.jp/lod/statistics/category/
category1 http://data.e-stat.go.jp/lod/statistics/category1/
table http://data.e-stat.go.jp/lod/statistics/table/
g00200521 http://data.e-stat.go.jp/lod/dataset/g00200521/
g00200502 http://data.e-stat.go.jp/lod/dataset/g00200502/
d0003041389 http://data.e-stat.go.jp/lod/dataset/g00200521/d0003041389/
d0003148541 http://data.e-stat.go.jp/lod/dataset/g00200521/d0003148541/
d0003041389-component http://data.e-stat.go.jp/lod/dataset/g00200521/d0003041389/dsd/component/
d0003148541-component http://data.e-stat.go.jp/lod/dataset/g00200521/d0003148541/dsd/component/
d0003148541-codeList http://data.e-stat.go.jp/lod/dataset/g00200521/d0003148541/dsd/codeList/
lod-table http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/table/
table-code http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/table/code/
d-prop http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/dataset/property/
d-theme http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/dataset/theme/
theme-field http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/dataset/theme/field/
prop-component http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/property/component/
prop-obs http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/property/observation/
estat-measure http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/measure/
estat-attribute http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/attribute/
estat-attribute-code http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/attribute/code/
cd-dimension http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/crossDomain/dimension/
cd-code http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/crossDomain/code/
g00200521-dimension-2010 http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/g00200521/dimension/2010/
g00200502-dimension http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/g00200502/dimension/
g00200502-code http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/g00200502/code/
g00200502-items http://data.e-stat.go.jp/lod/ontology/descriptionOfItems/g00200502/items/
sac http://data.e-stat.go.jp/lod/sac/
sa-g00200521-2015 http://data.e-stat.go.jp/lod/smallArea/g00200521/2015/