統計に用いる標準地域コードとは

統計に用いる標準地域コードとは、都道府県及び市町村の区域を示す統計情報の表章及び当該情報の相互利用のための基準であり、統計審議会の答申を踏まえ、昭和45年4月(1970年4月)に定められたものです。以後、合併等により市町村等の区域に変更が生じた場合には、その都度、改正が行われます。
情報処理の効率化と円滑化に資するために総務省(当時:自治省)が昭和43年に全国の都道府県及び市区町村のコードを「全国地方公共団体コード」として設定していますが、統計に用いる標準地域コードはこれを踏襲するとともに、全国地方公共団体コードにおいては設定されていない支庁・振興局、郡に係るコードも整備しています。
また、都道府県コード及び市区町村コードは、JISX0401及びJISX0402でそれぞれ規格化されていますが、標準地域コードはこれと同様です。

・標準地域コードの桁数(5桁)
1桁目から2桁目:都道府県のコードを意味します。
3桁目から5桁目:市区町村等のコードを意味します。000は都道府県となります。
(例)
00000 全国
01000 北海道
01100 札幌市
01101 札幌市中央区
01330 渡島総合振興局
詳細:http://www.soumu.go.jp/toukei_toukatsu/index/seido/9-5.htm

※「全国地方公共団体コード」は6桁で構成されていますが、6桁はチェックディジットであり、先頭の5桁は標準地域コードと同じです。
なお、標準地域コードは数字5桁で表されますが、統計LODでは先頭に「C」を付加した英数字6桁で表します。

廃置分合等情報

1970年4月以降の市区町村の新設、廃止、分離、分割、合併、編入、名称変更、政令指定都市施行、境界変更等の情報が蓄積されています。